職業や学歴を基準に選ぶ人もいる

エッグドナーとエージェンシー

卵子を第三者からの提供で行う妊娠や出産は日本でも実施されています。世界ではこれを法律で禁止している国は珍しくありません。日本での実施数は未だ微々たるものです。この制度が合法化されている国々の、タイや米国等に卵子提供を希望する人は集まります。規制の内容は米国の場合州により異なりますが、米国で2013年に卵子提供が第三者による事で、誕生した子どもの数は生殖補助技術学会によれば9512人です。子どもを肉体的か年齢的な理由から持て無い夫婦が、卵子の提供を受ける事から始まります。夫の精子と提供された卵子を体外受精させます。そして妻に移植して妊娠を試みます。卵子提供の形は現在はこれがスタンダードです。エッグドナーは卵子を提供する女性の事で仲介業者の事をエージェンシーと呼びます。

外見の良さと賢さで選ぶ

エッグドナーの遺伝子を、卵子提供を経て誕生する子どもは受け継いでいます。エッグドナーに起因するのは子どもの肉体的や精神的な特徴です。好まれるドナーは外見が先ず美しい事です。米国の仲介業のエージェンシーで揃えているのは、美しくて賢く善良で健康なドナーを数多く揃えています。顧客は自分の理想をドナーに投影します。それは知能の高い事であったりスポーツの得意な子どもだったりします。他にもありますが顧客のニーズに応える為に、エッグドナーのプログラムで顧客に提供しているのが、学生時代のエッグドナーの成績やIQテストの結果等です。子どもの特徴を意図的につくり上げるので、デザイナーベビーと卵子提供は呼ばれ批判される事もあります。