第一条件は容姿

まずは容姿が選択肢になります

卵子提供者を選ぶ基準は人それぞれですが、第一選択肢として容姿が基準になる場合があります。ただし、容姿といっても解釈の仕方も人それぞれです。自分に似ている見た目の人を選ぶ場合と、顔が整っている人を選ぶ場合があり、将来的に子供がどのような顔になるのかを想像して選びます。また、人種に関しても容姿と言うカテゴリーの中では重要な要素です。例えば、日本人なら日本人の卵子提供者を選ぶという具合ですね。しかし、実際は見た目が大きく異なる人種でない限り、人種は気にしない人が多いというデータもあります。その他の容姿のカテゴリーで重要視されるのは身長や見た目の年齢で、これは健康かどうかという判断基準にもなります。卵子提供者で選ばれやすいのは、高身長で見た目が若い人です。

第二選択肢として学歴や趣味も考慮されます

卵子提供者を選ぶ際に、学歴・趣味・所有資格も選ぶ基準になる可能性があります。その理由は、子供の将来性を見込むからです。より良い遺伝子を希望している場合は、容姿よりも学歴や趣味で判断する夫婦もいます。また、学歴や趣味の他にも考慮される要件は卵子提供者の職業やキャリアです。職業を考慮する理由も子供の将来性を考えるからです。その他、卵子提供者になりたいという場合には卵子提供プログラムに参加する必要があります。卵子ドナーは定期的に募集しているので、興味があるという場合には問い合わせると良いでしょう。ただし、卵子提供者になる場合には健康状態が良好である必要があります。心配な場合は事前に健康診断を受けると良いでしょう。